忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

間違わないで!化粧品の選び方。 
化粧品の選び方を間違えると、肌がだらに痛んでしまう原因になります。


☆ アンチエイジングや美白をうたったクリームに多い、浸透させる機能。
  肌は本来、バリア機能によって異物を通さないようになっていますが、
  美容成分を浸透させるため、界面活性剤を使用することによって
  その大切なバリア機能を破壊してしまうクリームが多いのです。


☆ 塗った後にべたついてしまう化粧品は人気がありません。
  そのために、浸透している感を出すために、
  アルコールの作用によって水分を飛ばしているクリームが多いのです。
  使用感が優先されてアルコールで肌表面の水分を蒸発させてしまいます。
  その結果、乾燥肌を悪化させてしまうことになってしまうのです。

☆ 油分の多い乳液やクリームは強力な界面活性剤の配合量が多くなります。
  浸透力が強くなっている分、皮脂膜をさらに壊して
  肌本来のバリア機能を低下させる原因になってしまいます。


☆ 「FD&C」「D&C」という表記の合成着色料がある化粧品は
  肌に対する刺激が強いので注意が必要。


☆ 「香料」に要注意です。香料は実際にどんな種類の化学物質を
   使っているのかを知る事が出来ないだけでなく
   アレルギーの原因の最もなりやすい物質として知られています。


アクアゲルマジェルは、無香料・無着色・ノンオイル・ノンパラベン・
ノンアルコール・界面活性剤不使用・旧表示指定成分不使用・
紫外線吸収剤不使用という、8つの無添加になっています。

だから、アトピー肌・乾燥肌・敏感肌・トラブル肌の方はもちろんですが、 
赤ちゃんにも使えるという安心の化粧品なのです。

アクアゲルマジェルの詳細はこちらをクリック↓↓ 
乾燥肌、敏感肌、トラブル肌の保湿には【アクアゲルマジェル】

PR

アクアゲルマジェルは赤ちゃんにも使用できる保湿ジェルです。
年齢や性別を問わず家族で使用でき、また無添加のオールインワン化粧品ですから
顔だけでなく、気になる箇所にどこでも全身に使う事ができます。

アクアゲルマジェルに配合されている美容成分は以下のようになっています。

☆ヒアルロン酸Na ☆加水分解コラーゲン ☆加水分解ヒアルロン酸Na
☆植物エキス ☆α―アルブチン ☆グリコシルトレハロース
☆加水分解エラスチン ☆アルジレリン ☆8種のアミノ酸

これらの成分が、肌にうるおいを与え、ハリと弾力を持たせ、キメを整えてくれる
などの効果を発揮してくれます。
また、アクアゲルマジェルはナノ還元水がベースになっているため
これらの美容成分を、脂分をいっさい使っていないで
肌の角質層にまで深く浸透していく事ができるため、
ハリや潤いを長く持続することができる保湿ジェルです。


油を使わない保湿ジェル>>アクアゲルマジェルの詳細を見てみる
アクアゲルマジェルは、トラブル肌をケアするために作られた美容ジェルで
油分を一切使用していません。

油分のある美容液を使用していると、油分が毛穴の中に知らず知らず
詰まってきて、それが過酸化脂質になってしまい、かえってトラブル肌を
さらに悪化させてしまうことになってしまいます。

またアクアゲルマジェルに使用されている「ナノ還元水」は、
通常の10億分の1にまでナノ化されていますので、
肌への浸透力が一般の化粧水に比べても格段の違いがあり、
角質の奥にまで素早く浸透することができます。
肌への密着度も高く、長時間の保湿で柔らかい肌に導いてくれます。



 
Copyright (C) 2017 【アクアゲルマジェル】の口コミ|アトピー・乾燥肌などのトラブルに効果! All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]